• カラー
  • カラーリングにまつわる話

【理論】なぜカラーが染まるのか?そのメカニズム

お客様
ヘアカラーってどういう理屈で明るくなるんですか?
イッチー
ご説明しましょう!

どうも、こんばんは。
改めて理屈を考えるとよく分からない事ってありますよね、イッチーです。

スポンサーリンク

では、ヘアカラーのメカニズムについて解説します。

ヘアカラーの仕組み

ヘアカラーとは一般的に「永久染毛剤」と呼ばれるものです。

その字の通り、髪自体を内部から色味を変える事です。

髪の色はメラニン色素による

まず、髪が黒いメカニズムをご説明します。

髪は本来、生えてくる時は全て白髪の状態で生えてきます

そこにメラニン色素の作用で黒く染められて発毛します。

こういう事です↓

(外人さんはこのメラニン色素の色が薄く、白髪はこの作用が働かなることで起こります。)

では、それを踏まえた上でヘアカラーの中身を解説します。

1剤と2剤

まず、ヘアカラーというのは1剤と2剤を混ぜて使います。

それぞれにきちんと意味があり、混ぜる事で化学反応が起こります。

      1剤…アルカリ剤・染料
      2剤…酸化剤

これにより髪の毛を明るく(暗く)できます

では、そのプロセスをご紹介しましょう。

髪が染まるプロセス

まずは1剤と2剤を混ぜたカラー剤を髪に塗布します。

1剤のアルカリ剤がキューティクルを開かせて、薬液が内部に入りやすくなります。

内部に浸透したカラー剤が酸化剤の力でメラニン色素を分解して脱色します。

その後、染料が酸素と結びついて発色(染色)します。

文字だらけで分かりにくいですよね?(^_^;)

つまり、画像で示すとこういう事です↓

この画像も分かりにくいかも?(^_^;)

では、1つずつ詳細を。

まずカラー剤を髪に塗布し、シャンプー台で流すまで放置します。

その放置時間の間に作用している内容を簡単に説明します。

カラー剤を塗布したら、まずは黒髪の色味を破壊するところから始まります。

破壊すると、元の色味が抜けます

そして抜いた色味に新しい色味を入れていきます

この「抜いて・入れる」という2つの作用が一度のカラーで行われているのです。

白髪染めも永久染毛剤の一種

よく「オシャレ染め」「白髪染め」と分けられて言われることも多いですが、基本的には白髪染めも永久染毛剤です。

当然、染毛作用がどちらも用途によって変わります。

黒髪にはオシャレ染め、白髪には白髪染めを使うのが良いです。

なぜならオシャレ染めは脱色力が強く、白髪染めは染色力が強いからです。

白髪染めでキレイに明るく仕上げるのが難しいのはこのためです。

用途によって的確なヘアカラーを

一概に「オシャレ染め」「白髪染め」と言っても完全に2つに分けて考えるしかない訳でもありません。

染め方によっては、同時にどちらも使ったりする方法もあります。

そのお客様の髪質や仕上がりの希望によって美容師さんはあの手この手で試行錯誤してベストを導き出すよう努力しています。

お客様ご自身で決めつけずに美容師さんに相談してみて下さいね(^^)

イッチー
よいヘアーライフを!

ではでは!


DDY hair(ディディーヘアー)
〒626-0041
京都府宮津市字鶴賀2065-2
TEL/FAX 0772-21-1039
URL…http://www.ddy-hair.com/
営業(入店)時間…9:00~19:00
定休日…毎週月曜日+α
駐車場…6台あり(隣接店共用)
クレジットカード可
電子マネー可

友だち追加 ←LINE予約はコチラ

【各種SNSのフォローもお待ちしてます(^^)】
日々のつぶやきなど
ブログ更新のお知らせなど
ヘアスタイルなど

【メデュラ】クーポンコード【DDYi】で初回2,000円offのシャンプー!

今ならネット注文で3万通りの中からあなた専用にカスタマイズされたシャンプートリートメント【メデュラ】が初回2000円offでお試しいただけます。

詳細説明はコチラ↓

【メデュラ】クーポンコード“DDYi”で2000円安くする買い方!オーダーメイドシャンプー徹底解説

注文はコチラ→ https://medulla.co.jp

この機会に上手くお使いください!


スポンサーリンク


[recommend id=”1473″]

Facebookページ
『DDY hair』をいいね !

Twitter で

関連記事一覧