• 髪にまつわるアレコレ

なぜパーマがかかるの?そのメカニズムを解説

お客様
パーマってなんで何回も液を付けるの?
イッチー
一回では終われない理由があります。

パーマって何気にやってるけど、その内容って意外と分からないですよね?

スポンサーリンク

今回はパーマのメカニズムを解説いたします!

パーマとは

まず、パーマというのは正式にはパーマネントウェーブ(permanent wave)の略語です。

パーマネントとは「永久」「半永久的」という意味があります。

一度あてたら洗っても効果がなくならないところから取られた名称でしょう。

パーマの仕組み

毛髪というのはタンパク質(アミノ酸)でできていて、その中で側鎖結合と呼ばれる髪を横向きに繋いでいるモノがあります。

(ハシゴの足場をイメージしてもらえると分かりやすいかも?)

パーマというのはその側鎖結合(ハシゴの足場)を科学的に切って・再結合することで新たな形を形成する、という仕組みになっています。

※さらに詳しく説明すると、その側鎖結合は主に「水素結合」「イオン結合」「シスチン結合」があり、パーマはこの中の『シスチン結合』を切ったり繋げたりする事でパーマがあたります。

その時に用いるのがパーマ液となります。

パーマ液を何回も塗る理由

パーマ液を塗る工程が一度で終わらないのは、先述のような側鎖結合を「切ったり」「繋げたり」する相反する工程があるため、別の種類のパーマ液を分けて塗布する必要があるためです。

それを1剤(1液)・2剤(2液)と言います。

1剤(1液)の役割

1剤(1液)は毛髪のシスチン結合を切断する役割があります。

これによりその毛髪のクセがリセットされます。

別の言い方で例えると『記憶(クセ)を忘れさせる』というところです。

2剤(2液)の役割

2剤(2液)は切断されたシスチン結合を再結合する役割があります。

1剤の作用で『記憶(クセ)を忘れさせる』なら、2剤はパーマ用のロッドなどを使って意図的に変化をつけた『新しい記憶(クセ)を覚えさせる』というところです。

つまり画像で説明するとこんな感じですね


(自作です。分かりにくかったらすいません^^;)

パーマのプロセス

ちなみに当店で行う通常のパーマの場合はこのように行います。

ロッドを使って髪の毛を巻く

1剤を付けてシスチン結合を切断する

切断を確認したら1剤を洗い流す。

2剤を付けて再結合を促す。

2剤を付けて再結合を促す。(2回目)

各プロセスでのところで全て薬剤を塗っています。

つまり、パーマをあてるために最低4回(3種類)の薬剤を使用していることになります。

ね、きちんと何回もつける意味があるでしょ?笑

反対に、一回では終わらない理由もお分かりいただけたかなと思います。

仕組みを分かったからといってお客様自身には特に意味はないかもしれませんが笑、意外と多い質問だったので答えさせていただきました!

イッチー
参考になれば幸いです!

ではでは!


DDY hair(ディディーヘアー)
〒626-0041
京都府宮津市字鶴賀2065-2
TEL/FAX 0772-21-1039
URL…http://www.ddy-hair.com/
営業(入店)時間…9:00~19:00
定休日…毎週月曜日+α
駐車場…6台あり(隣接店共用)
クレジットカード可
電子マネー可

友だち追加 ←LINE予約はコチラ

【各種SNSのフォローもお待ちしてます(^^)】
日々のつぶやきなど
ブログ更新のお知らせなど
ヘアスタイルなど

【メデュラ】クーポンコード【DDYi】で初回2,000円offのシャンプー!

今ならネット注文で3万通りの中からあなた専用にカスタマイズされたシャンプートリートメント【メデュラ】が初回2000円offでお試しいただけます。

詳細説明はコチラ↓

【メデュラ】クーポンコード“DDYi”で2000円安くする買い方!オーダーメイドシャンプー徹底解説

注文はコチラ→ https://medulla.co.jp

この機会に上手くお使いください!


スポンサーリンク


[recommend id=”1473″]

Facebookページ
『DDY hair』をいいね !

Twitter で

関連記事一覧